グラニュラーシンセで幻想的なサンプルを作ってみよう

Title_Image

こんにちは、まめゆです。
DTMやってるか。 俺はやってない。


さて、これは先月の話になるのですが、
当方のBandCampにて:
「Mameyudoufu Atmos Samples Lite」
という基本無料のサンプルパックをリリースしました。

https://mameyudoufu.bandcamp.com/album/mameyudoufu-atmos-samples-lite

リリースの当日がちょうど4月1日で、
エイプリルフールに嘘をつかないという
なんとも勿体ないムーブを披露しました。

一体何を考えていたんでしょうか。
そんなんだからフォロワー増えないんだぞ。

このサンプルパックは、みんな大好きドイツのプロデューサー、
Virtual Riotの影響を受け制作したもので、
編曲時に埋まらない音の隙間をカンタンにつないでくれる
我ながら非常に便利なサンプルになっています。

今回はそのサンプルをどうやって制作したのかを、
ブログのネタとして書いてみようと思います。
せっかく作ったし小ネタでもなんでも書いていかないとね。

非常に雑多な文章になっちゃいましたが、
よろしければ最後までご覧ください。

次のページではグラニュラーシンセについてご説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です