グラニュラーシンセで幻想的なサンプルを作ってみよう

「グラニュラーシンセ」について

早速制作の話に入っていきましょう。

幻想的なパッド素材の制作にたいへん役立つのが、
「グラニュラー・シンセシス」というシンセサイザーの技術。

これは、一つの音声をほんの小さな微細音にスライスして、
短い時間に何度も発声させて音を産み出す謎のテクノロジーです。

大きな岩を削って小さな砂の粒子にして、
それを砂時計のようにサラサラと流すようなイメージでしょうか。

この方式を使って音を出す代表的なシンセサイザとして:

  • Steinberg Padshop 2 (Cubase10.5内蔵)
  • Spectrasonics Omnisphere 2
  • Robert Henke Granulator II (Max for Liveデバイス)

などがあります。

その他、Logic Proの「Alchemy」にもエンジンが搭載されている他、
Abletonから「Grain Scanner」なるグラニュラーシンセが登場するなど
あらゆるプラットフォームでの普及が進んでいます。

今回のサンプルパックの制作においては、
上記のOmnisphereとGranulatorがフルに活躍しました。


STEP 01 -シンセに読み込む素材作り-

グラニュラーシンセはサンプルを読み込んで音を鳴らすので、
まずは、読み込む素材の準備が必要です。

Wavなどの音声ファイルであれば
基本的にどんな音でも読み込み可能ですが、
サンプルの短い断片を切り貼りする性質上
音によっては向き不向きが出てきます。

そのため、一部のシンセサイザーでは、
グラニュラー向きのサンプルを「Granular Friendly」として
カテゴライズしている事も。

Arturia Pigment

シンセにブチ込むのに好ましい音は、

  • ピアノなど、テールの長い もしくは連続している音
  • 環境音など、大きな変化の少ない音
  • ビニール袋をくしゃくしゃにした時のような分散した音 などなど…

比較的、尺の長い連続音になると思います。

今回は、3種類の音を用意してみました。

適当にキーボードを叩いてピアノやシンセを
演奏しただけのかんたんなサンプルです。

早速、音を鳴らしてみましょう!次ページに続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です