グラニュラーシンセで幻想的なサンプルを作ってみよう

STEP 02 -読み込んで鳴らしてみよう-

使用するシンセサイザーは、みんな大好きOmnisphere 2
このシンセは、内蔵ウェーブテーブルと
サンプルの両方を使用することができ、
ユーザーが自由にサンプルを追加することができます。

サンプルをインポートした直後

ご覧の通り、先程作った3種類のサンプルが、
Omnisphereに読み込まれました。

オシレータに移動し、グラニュラーエンジンを起動。
鍵盤を押すと、ピアノのサンプルが幻想的なPadに大変身します。

現時点で結構いい感じ

デフォルトの状態では、再生される音のピッチを
上下に振る機能がONになっているので、
ピッチ関係のノブをすべてゼロに振り切らせます。

再生位置をオートメーションで制御して、
音に動きを与えてやれば、ピアノのパートは完成です。

どことなく切ない音

他のサンプルにも同じことをしてあげて…
全部合わせて鳴らしてみましょう。

それぞれのピッタリなピッチを探してあげましょう

いい感じでしょ。
あとは質感付けのため、環境音やギター
フルートっぽい音にベースを付け足して…

Omnisphere内蔵サンプル。チートやん?

完成です。

こんな感じになりました

いかがでしょうか。
説明下手なのであまり良い感じに纏められなかったかもですが、
ワークフローはなんとなくお分かりいただけたかと思います。

サンプル作りは、制作が煮詰まってしまったときの
いいエクササイズになりますし、
お手元にグラニュラーエンジンのある方は
ぜひ一度試してみてください。

ただし俺みたいにAtmos中毒にだけはなるんじゃないぞ

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です