GIMPのカラーパレット(gpl)をFire Alpaca向けに変換したい

さて、本記事の作業のおさらいをしておきましょう。

  1. MicrosoftストアでPython 3.xをダウンロード
  2. yt氏の「FireAlpacaパレット用Pythonスクリプト」をダウンロード
  3. スクリプトの file() メソッドを open() メソッドに書き換える
  4. 34~36行目のカッコ内を \\0\\0\\0\\x86%s に書き直し
  5. 作業用のファイル(スクリプト,GIMPパレットファイル)を用意
    デスクトップに置いとくのが一番わかりやすいのでおすすめです。
  6. コマンドプロンプトを起動。cdコマンドで作業ディレクトリに移動
    (デスクトップの場合 “cd desktop” と記述してEnter)
  7. Python gpl2ini.py [GIMPパレットファイル].gpl [完成ファイル].ini
    の順に記述してEnter。
    (スペース開けて一つずつ![]はその都度書き換えてね)
  8. デスクトップに [完成ファイル].ini が出るので、正しい名前をつけ直して
    FireAlPacaの設定フォルダに放り込む

以上で変換作業は終了です。

ちなみに完成したパレットファイルは、「Palette.ini」という名前にしないと
アルパカちゃんが読んでくれません。

FireAlpacaにはパレットのスロットが8つあり、
パレットファイルをスロット2以降に割り当てたい場合は、
「Palette2.ini」「Palette3.ini」という風に名前をつけてあげてください。

いかがでしたか?僕のノンプログラマーな頭はもうパンパンです。

プログラマーの皆さん、とりあえずごめんなさい。
これが普通の脳みそが見ている世界でございます。

全然わからんけどとりあえず動いた!って方、
おめでとうございます。僕もわかりません。

わからんし動かん!って方、
スクリプトは寸分の狂いも許しません。
書き直す以外に変なことしちゃってないか、
もう一度確認を頑張ってみてください。
僕もこの分析とトラブルシューティングに1時間半かかりました。


最後に、僕の願いを叶える魔法のスクリプトを書いてくださった
yt様、ありがとうございます。

6年の時を越えて救われてる人間がここにいます。

無知なくせして勝手に記事にしてしまいごめんなさい。


そこそこニッチな悩みを解決する無駄にクソ長い記事でしたが、
参考になりましたら幸いです。


まめゆでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です